コロナ対策~家にある掃除用品の界面活性剤で撃退~

アルコール消毒液が店頭からなくなり「購入できない」

そろそろ2か月になりますね。手元にある消毒液が「残りわずかしかない」っという人も多いと思います。残量が気になると思い切って除菌もできません。いつまで続くかわからない中で不安も大きくなります。

先日放送されていたNHKのあさイチで、界面活性剤でも十分効果が期待できると紹介されていました。

専門家によると、アルコール消毒液がなくても、「せっけん」や「家庭用の中性洗剤」に含まれる「界面活性剤」に期待ができるそうです。「新型コロナウイルス」は、「SARSウイルス」とよく似ていて、共通して「エンベロープ」という「脂質の膜」があります。アルコールは、この「エンベロープ」を壊して、ウイルスの感染力を無くしますが、「SARSウイルス」には、「界面活性剤」で同じ効果が確認できたと、国立感染症研究所が発表しています。今回の「新型コロナウイルス」では、まだ実験で確認されてはいませんが、同様の効果が期待できるということです。

NHK  あさイチ
エラー - NHK

これも界面活性剤入り!家にある掃除用品で殺菌

我が家にあった掃除用品です。界面活性剤はお風呂用、トイレ用、台所用、洗濯用などにも入っていました。

直接素手でさわるのが危険なカビキラーなどは、強力なので界面活性剤の%は特にはっきりと表記してありません。以下、参考までに。界面活性剤が少ない順に並んでます。

  • マイペット 0.2%
  • トップバリュートイレ用洗剤 3%
  • キュキュット台所用 37%
  • スーパーナノックス洗濯洗剤 56%(ボトルが古いです、中身はスーパーナノックス)

あさイチでも紹介されていた通り、キュキュット台所用(中性洗剤)は37%と高いのですね。トイレ用洗剤よりも高いので驚きました。家族が頻繁にさわるドアノブや引き出しなどは、アルコール除菌じゃなくてもこれらで代用できそうです。

消毒液の作り方はこちら。

小まめに掃除、洗濯をすることが大切

厚生労働省では、新型コロナウイルスと疑われる場合の家庭内での注意事項を発表しています。コロナではないけど、風邪などの症状がある場合も衣服やタオル、ベッドシーツ、枕カバーなどの洗濯するほうがいいのかな?っと思いました。

1.感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける
2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
3.できるだけ全員がマスクを使用する
4.小まめにうがい・手洗いをする
5.日中はできるだけ換気をする。
6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する
7.汚れたリネン、衣服を洗濯する
8.ゴミは密閉して捨てる

厚生労働省
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)について紹介しています。

ライター:しろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました