新型コロナウイルス(COVID-19)の症状や受け入れ病院は?

熊本県内で新型コロナウイルスへの感染が確認された20代女性は発症後たらい回しの状態だったというニュースがありましたが、どこに行けばいいのか、どこに連絡すればいいのか、などの情報がまとまっていないと、不安ですね。

自分や家族が発症したかもしれないと感じた場合は、落ち着いて関係各所に連絡したうえで行動することが重症化を防ぐ唯一の方法だと思いますので、厚生労働省のホームページから分かる範囲内でまとめました。

新型コロナウイルス(COVID-19)の症状

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)
  • 神奈川県の患者では強い頭痛、のどの違和感、下痢の報告もある

初期症状を感じた時はどこに相談するか

➊厚生労働省の電話相談窓口
電話番号:0120-565-653(フリーダイヤル)
受付時間:9:00から 21:00
➋各都道府県の帰国者・接触者相談センター
帰国者・接触者相談センター相談の結果、
新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、
帰国者・接触者外来を設置している医療機関を案内されます

都道府県別(全て外部リンクです)
北海道
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県
宮崎県 鹿児島県 沖縄県

マスクがない時に移動する場合

飛沫感染が判明しているので、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえると報道がありますが、袖で口を押えてもあまり効果が期待できないので、あらかじめティッシュやハンドタオルを準備してしっかり押さえましょう。すぐに捨てられるティッシュがおすすめです。

接触感染が判明しているので、使用したティッシュはすぐに捨てて、手をしっかり洗いましょう。

どのように診断するのか

インフルエンザの検査と同じように、綿棒でのどをぬぐってとった液体でウイルス遺伝子の有無を確認。

治療方法

2020年2月26日現在で、このウイルスに特に有効な抗ウイルス薬がないので、対症療法での看病となります。

その他、新型コロナウイルス(COVID-19)の疑問

厚生労働省のホームページにQ&A(一般の方向け)があるので、見ておきましょう。

厚生労働省:Q&A(一般の方向け) のページ
※外部リンクです

デマに注意!

SNSなどで『お湯を飲むと良い』『ビタミンDがウイルスに効く』など多くのデマが流れています。

不安を煽って何かを販売する人もいるので、厚生労働省などの情報をもとに行動しましょう。

国立感染症予防センターという偽の組織メールに注意!

国立感染症研究所やそれに類似した機関からの、お知らせを装った偽装メールが送られているようです。

国立感染症研究所が個人にメールを送信することは一切行っていないと、はっきりホームページに書いてあります。

「対策はこちら」といって不審なURLへのリンクになっているようなので、開かないように注意しましょう。

ライター:くろ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました