お金をかけずに暮らす~バリカンで節約・カット編

自宅で散髪をする人が増えて、バリカンが品薄になっているみたいですね。

前回書いた記事では、10年続けているバリカン節約・お金のことを書きました。

今日は、ヘアカットの仕方についてまとめました。動画と違って分かりずらい面もありますが、ラインやポイント部分がイメージしやすいようにしましたので、見ていただけるとうれしいです。(長いです)

カットする前にイメージは紙に書いておく

バリカンで一気に切るのは怖いので、何センチで切るのか?最初に決めておきます。私の場合、パーツごとに決めています。

後頭部1センチはかなり短い方スポーツ刈りのような感じになります。全体的に+2~+3㎝長くするとスポーツ刈りにはなりません。

バリカン以外に用意するもの

カッパを着てカットすると体が汚れません。そして、帽子(傷つくのでいらない帽子を用意)。それでは、カットしていきます。

帽子

1、後頭部をカット

・後頭部のラインをそろえる為に帽子をかぶせます。赤い線の部分に帽子がくるようにかぶせます。

次は、↓下の絵です。カットする部分は赤い丸の中だけ。襟足から帽子まで(下から上に刃を動かしてカットします)

耳より前はカットしません。帽子に刃が当たるまでカットしてください。(帽子が傷つくのでいらない帽子を用意)

2、頭のてっぺんを長めにカット

帽子はもう使いません。次は、3㎝で赤い丸の中をカットします。その時に黄色い線との位置を確認しておいてください。

下の絵は、「頭上から見た時」のイメージです。

黄色い線の決め方は、おでこの両はになります。赤い丸の中を3㎝でカット。ここは前髪でもあります。前髪も3㎝で大丈夫です。心配な人は、前髪部分を+1㎝でカットしてみてください。あとで、調節しましょう。

3、最後のブロックをカット

最後は2㎝でカットしていきます。赤い丸の中を切ります

もみあげも2㎝でカットして大丈夫です。心配な人は+1㎝にしてカット。バランスを見ながら短くカットすれば大丈夫です。

今の段階で、髪が固めの人は角切りのように見えるかもしれません。

でも、大丈夫です!ここから仕上げに入ります。バリカンは、いわゆるハサミでぱっつんっと切っていくようなイメージなので今はこのようになります。

4、「段差」や「角」をなくしていく

ここで、はじめて0.5㎝刻みでカットします。次の絵は後頭部のイメージです。

先ほどカットした1㎝、2㎝、3㎝の段差をなくすために0.5㎝刻みでラインの上(約1㎝)をカットして段差をなくします。最初は、赤い線1.5㎝。バリカンを上に向けて段差をなくします。

次は黄色い線2.5㎝です。イメージ的には、丸の部分を2.5㎝でカットしてく感じです。

色い線とは?おでこの両はしを見て決めた線ですこの頭上から見た時のおでこの線

この黄色い線の上を2.5㎝でカットしていきます。思い切って線の上をおでこから後頭部に向けてカットしてください。すると

マスオさんからカツオくんみたいになります。(笑)ここで今っぽくしたいので2.5㎝のままもっとカットしていきます。次の絵は頭上から見た絵。

青い線の上を2.5㎝でカット。バリカンの向きは下の絵のようにすると細いラインで調整できます。好みに合わせて青い線の幅は調整してください。

ここまでくると、かつお君から少し今っぽくなります。

5、仕上げ「すく場所」と「うぶ毛」

仕上げになります。「すき刈り用」のアタッチメントをセットします。

すきがり

赤い丸の部分を2㎝ですいていきます。色んな方向から少なくて5回髪の量が多い人は10回程度でいいと思います。

すくことで動きをよくします。ワックスで動きを出すと宇宙兄弟の日々人みたいなつん君になりますよ。

最後は「うぶ毛」をカットします。

バリカン

赤い丸の首にもうぶ毛があるのできれいにしましょう。あとは、

耳まわりもバリカンの端を使いながらはみ出した長い毛を丁寧にカットします。

長くなりましたが以上になります。ユーチューブなどでもバリカンの使い方を丁寧に紹介している動画がたくさんあるので探してみてください。

慣れてくれば色んな髪形にチャレンジできます。我が家では3か月に一度バリカンでカットしています。失敗しながらでも、何度かやるうちにコツが分かってきます。

自粛中ですが色んな経験をするチャンスでもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

最後までよんでいただきありがとうございました。

ライター:しろ


コメント

タイトルとURLをコピーしました